2008年10月27日

経過:10/27

昨日の22時過ぎ頃から、グッグッと鳴くようになりました。飲ませたいたものがどこかに詰まっているのか?呼吸が苦しいのか不明です。それから、何も食べたくないようで、食事を受け付けなくなりました。危篤状態になったり、ウンチをしたりして体力を消耗したのかも?と思い、しばらくそっとしておくことにします。
posted by 伶奈 at 01:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2008年10月26日

経過:10/26

0:20/クリニケア猫用1.0ml/少しシッシ

ひどい脱水状態だけど、ほんの1滴でも飲んでくれたらと思い、1時間を目安に蜂蜜水とクリニケアを試しています。口の横から注射器の先を入れて飲ませると、動かなくなっていた口を動かして飲もうとするようになりました。3回くらい舌を動かすと力が抜けて、口の横からほとんど落ちていくけれど、あきらめずにやっています。

目薬は抗生剤だけつけていますが、一瞬、茉夜ちゃんが動いて眼球に手が触れました。もうカチカチでした。もしかすると触れたことすら、わかってないかも。点眼してなんとかなるとかいうレベルではなくて、どうしたらいいのかわかりません。茉夜ちゃんには、ちゃんと食べれるようになったら、先生に会いにいこうねと言っています。そしたら歯も切ってもらえるからねと。

もう2日、止血剤も抗がん剤も飲んでいないけど、大量の出血はありません。そもそも脱水していてそれほどの血がないのと、動かないから血管が切れることがないのかもしれません。少しだけ鼻と目から出血があるので、食べさせる時に、綺麗に拭いてあげています。

茉夜ちゃんが、眠っている間、桃太郎と金太郎のお話をしてあげたけど、2つの話が混ざってしまったかも。他にも白雪姫とか人魚姫とか醜いあひるの子など...でも、肝心のオチの部分、嘘話したかも。

05:30/出血/止血剤を薬容器から直接飲ませる。

エアの継続スイッチを押すごとに息を確認しているけど、虫の息でハロゲンヒーターの明かりだけでは、はっきりわからなくなりました。蜂蜜水とクリニケア猫用を少しずつ与えていますが、こちらも変化ありません。

10:30/蜂蜜水に多めのプロポリスを混ぜて作りなおし。プロポリスはニッキのような味と香りに蜂蜜を混ぜた感じのもの。それに普通の蜂蜜を加えてお湯で少し溶いています。とにかくまずいです。茉夜ちゃんにも、死にそうなくらいまずいよね、と言いながら飲ませています。これとクリニケアだけでは流石に可愛そうになって、ぶどうジュースを飲ませたら、0.5ml位飲んでくれました。栄養にはほど遠いけど、これが一番美味しいのかも。

茉夜ちゃんの意識の混濁に変わりはありませんが、シッシを少しします。シッシをすると布が濡れるのが気持ち悪いみたいで、少し前進しているのでわかります。昨日から飼い主の低反発敷布団にペット用の毛布を敷いて寝せています。

今日は祢寧ちゃんの月命日です。
祢寧ちゃんも『せっかく来たのに手ぶらで帰るのもナンですわねぇ〜』とか言ってるかもしれません。いままで、祢寧ちゃん、茉夜ちゃんには、添加物の入っていない自然のもの、塩分や砂糖が入ってないものをと気を遣ってきましたが、もうこんな状態だから好きなものを食べて行って欲しいです。あれ食べてはだめとか、これ食べてはだめとか言わないから、一緒にクリスマスを過ごして、年越し蕎麦を食べて、お節も一緒に食べようね。と茉夜ちゃんに言っています。

16:10/先生に眼の処置について相談。
恐らくこのまま乾燥していって、徐々に小さくなると思われるけど、感染症を防ぐ為、抗生剤だけ続けるようにとのこと。
抗癌剤は、これ以上飲んでも変わりはないと思うので中止となりました。
脱水には、ポカリスエットなどのスポーツドリンクを水で4倍くらいに薄めて与えてみてくださいといわれました。

お昼から、ぶどうジュースとクリニケア猫用をちびちび飲んでいます。
体をマッサージしてあげると、あちこち痒いみたいで、自分の後ろ足で掻こうと足をぴくぴくさせます。マッサージが終わると、全身で伸びをします。

19:20/ドロリとしたウンチをしました。舐めるだけでも飲ませていた効果があったのかも。

21:30/食事の片付けをしている間に危篤状態に。布団から出て横向きになった状態で倒れていました。声をかけマッサージをして意識が戻りました。

血で汚れていた顔や手を濡らしたティッシュと綿棒で綺麗にした後、前足の爪切りをしました。以前は、茉夜ちゃん自身でぎりぎりまで爪切りをしていましたが、何故か祢寧ちゃんが亡くなってからしなくなっていました。人間の爪切りで0.5ミリずつパチンとしてあげたら、切っているのが分かっているみたいでした。

23:30/再び、ドロリとしたウンチをしました。お尻の周りを濡れたティッシュで綺麗にしてあげると、黙ってされるままになっています。
posted by 伶奈 at 00:29 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日常

2008年10月25日

経過:10/25

茉夜ちゃん長時間寝た体勢なので、キッチンペーパーでは体が痛くなるかもと思い、昨夜から毛布を敷いています。
エアコンは乾燥が気になるのでつけずに、そばに洗濯物を干してハロゲンヒーターにしています。


茉夜ちゃん1:05/四肢がぴんと伸びて、突然の痙攣。危篤状態に。
膝に抱っこして、お別れの時を待ちましたが、
細い息だけど頑張るので、
3時頃、木の家に戻して、天井をとって添い寝することにしました。


お昼、茉夜ちゃんは時々、クシクシしたいみたいで、握り締めた手を少し動かします。女の子だから綺麗にしておきたいんだよねと思い、顔や手を少し拭いてあげました。意識はほとんどなくて、酷い脱水状態だけど、断片的に眼を開けるので、プロポリス入りの蜂蜜水を口に少し含ませたりしています。

茉夜ちゃん
15:00、もう無理かもと思うけど、もしかしたら・・・と思う気持ちもあり、眼の点眼と蜂蜜水を。飼い主の布団の上に茉夜ちゃんを移しました。もっと早く布団で寝せていたら、少しは楽だったかも。

酷い眼の状態だけど、エアを吸いながらほとんど眠っています。
少し、歌を歌ってあげたらもぞもぞ前進してきて、飼い主のそばに。

いつお別れの時がきてもいいように、茉夜ちゃんに『大好きだからね。』『愛してるからね。』と言って、お顔にキスします。茉夜ちゃんには、いっぱい愛してもらった記憶をもって天国にいって欲しいです。

それから茉夜ちゃんが不思議に思っているだろう時の流れについてお話しました。

茉夜ちゃんは、飼い主はなんで歳をとらないんだろう?と思ってるかもしれないけれど、
茉夜ちゃんと飼い主の時間の流れが違うだけで、飼い主も歳をとってるんだよ。
茉夜ちゃんが2年生きるとして、飼い主が80年生きるとしたら、
茉夜ちゃんは飼い主の40倍の速さで時間が過ぎてるんだよね。
飼い主の1日は、茉夜ちゃんの1ヶ月にもなるの。
茉夜ちゃんは、ものすごい速さで時を駆け抜けているんだよね。
だから、茉夜ちゃんが、1日に何度も、ちょこちょこご飯を食べるのも、
40回位食べてるとしたら、ちょうど40日分ってことになるから、ぴったりなんだよね。
茉夜ちゃんからすれば、飼い主は歳をとらないから、神様みたいに見えるかもしれないけれど、
本当は神様ではないから、茉夜ちゃんを助けてあげられないんだ。
ごめんね。
だけどね、茉夜ちゃんがここにいる間は、飼い主がずっと傍にいるからね。
天国に行ったら、祢寧ちゃんがお迎えにきてるから、祢寧ちゃんと一緒に行くんだよ。
心配いらないからね。

そんなことを茉夜ちゃんに話しています。
18:00/時々、伸びをしています。全く持ち上げることが出来なかった手ですが、右手を上に持ち上げて、1回だけ上から下にクシをしました。まだ希望がある気がして、クリニケア猫用を少し飲ませてみました。0.1ml位は飲んだかも。

19:00/蜂蜜水を口に含ませてから、隣で添い寝しながら茉夜ちゃんの顔を見ていたら、茉夜ちゃんも飼い主を何度か見ていました。少しして、力を振り絞って飼い主の方へ這いずって近づいてきました。どうしたんだろう?と思ってそのまま見ていたら、飼い主の顔に自分の顔をぴたっとくっつけてから、体も寄り添うようにしてきて、そのまま眠りに。30分程眠っていました。茉夜ちゃんがこんなことをするのは初めてなので、とても吃驚しました。

20:00/蜂蜜水とクリニケア猫用を少し舐めさせました。飼い主が茉夜ちゃんの手になるし足にもなるから、少しでも飲んで元気になろうと言っています。

21:10/クリニケア猫用と蜂蜜水を舐める程度/シッシ
22:35/クリニケア猫用と蜂蜜水を舐める程度/シッシ
posted by 伶奈 at 16:20 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日常

2008年10月24日

経過:10/24

茉夜ちゃん茉夜ちゃん、ちょっと寒かったのでガーゼをかけて飼い主の膝の上でうとうと寝ている様子。寝ている時、みててわかったのだけど、腫れている方の目は全く閉じていません。片方のみ閉じて寝ていました。茉夜ちゃんからすれば、腫れている眼は、もう見えていないので、閉じても閉じなくても暗い世界に変わりはないのだろうけど、ますます乾燥して眼圧があがっていくので本当に心配です。

02:20/クリニケア猫用1.5m
03:40/クリニケア猫用2.0ml/意識混濁
05:00/蜂蜜水少し/ウンチ1個

食事を受け付けなくなりました。意識もはっきりせず。
茉夜ちゃんのそばで、木の家からチョロンと出ている尻尾に触れながら、うとうと・・・呼吸が小さくてよく見ないと息をしているかどうかわかりません。茉夜ちゃんのお腹が上下しているのを確認しながら、茉夜ちゃん達が来る前にどんなに楽しみにしていたかとか、祢寧ちゃんと3人で楽しかったねとか思い出話など...。

8時頃、祢寧ちゃんがウッド型の木のお家から、ぴょこっと出てくる夢を見ました。あ、祢寧ちゃん・・・と思った瞬間、目が覚めました。茉夜ちゃんをお迎えに来たんだと思いました。茉夜ちゃんに、祢寧ちゃんが来てくれたね、と話をしました。

13:44/エアを消して、膝の上に抱っこしました。眼球は一度、潰れたようで出血のあとがありました。抱っこすると汚れた顔を奇麗にしようと、クシクシする動作をします。でも、もう手を上に持ち上げることができないので、目と鼻のまわりを止血剤で綺麗に拭いてあげました。手足は硬直気味で、ギュッと握りしめた状態です。時々、尻尾がパチンと跳ねます。体は、小刻みに震えていて、そっと触れていると、無数の小さな泡の上に手を置いてるような感じがします。

17:00/蜂蜜水少しなめました。まだ望みあり?/時々、歯ぎしりの音が聞こえていたので、もしかしたら不正咬合の歯を切れば食べれるようになるんじゃないか?と思い、ニッパーで切れるか調べたけど、あまりよくないとの記述があったので、近所の病院を確認。病院へ・・・と思って茉夜ちゃんの歯をみてみたら、全てがバラバラの長さでボロボロの状態。長すぎて歯がほっぺにあたっているとか、そんなんではありませんでした。

18:30/蜂蜜水少しなめた/エア再開

抗がん剤は今日は飲ませていません。食事を受け付けないので、止めました。止血剤(9時・21時)は、17時と18時半の蜂蜜水に混ぜて2滴だけ飲ませました。口の隙間に注射器の先端を入れて無理やりに含ませているので、どれだけ飲んでいるのかはわかりません。

眼の中は血と膿が溜まっている感じ。たまに瞬きをすると眼球は引っ込みますが、表面の凹凸がひどい状態なので、閉じるとき瞼が少しめくれあがる感があります。

もしかして眼の状態が落ち着いたら・・・回復してくれるのでは?とも思い、エアを再開しました。茉夜ちゃんは、これまで何度も死にかけて、3-4日食べない状態とかあったけど、そのたびに復活して元気になったから、今度もきっと大丈夫と茉夜ちゃんに言いながら・・・。だけど、茉夜ちゃんの体の臭いが変わってきたので、心の中でたぶんだめなだろうな・・・とも思います。

来羅ちゃんの頬の腫瘍も中に膿が溜まっていました。最後に頬がパカッととれて空洞ができたのを思い出します。すごくショックでした。来羅ちゃんの先生はあまり説明してくれる先生ではなかったので、意味が全くわからなかったけど、今の先生になって、ラットは膿が溜まったら、人間のように傷口から外に出るとかいうことがないので、中で溜まったまま固まった状態になるという話を聞いた時、納得しました。外科的手術をして取り出すしかないのだそうです。
茉夜ちゃんの眼も、もしそんな状態だとしたら、眼球が取れればあとは抗生剤とかで傷口が塞がっていくのではないかと思うのだけど、悪いところはそれだけではないから、体はもう限界なのかもしれません。

茉夜ちゃんにも、まだ頑張れると思うなら頑張って、もう駄目だと思うなら祢寧ちゃんと一緒にいっていいからね。と言いました。天国に行ったら、祢寧ちゃんとは喧嘩しないで仲良くね。
ちゃんと祢寧ちゃん、お迎えにきてくれたんだからね。と言いました。

飼い主が、天国にいくのはずっと先だと思うから、茉夜ちゃん達の時間の流れからすると、もう生まれ変わっているかもしれないけれど、その時は、幸せな人生を選んでね。地球はもう環境破壊が進んでいるから、地球でない他の星に生まれた方がいいかもしれないしれないからね。宇宙を見て選ぶんだよ。もし、お姉ちゃんが死ぬ時に、まだ茉夜ちゃんが天国にいたら、その時はお迎えに来てね。茉夜ちゃん達は、言葉が話せるようになっているはずだから、いろいろ話をしようね。飼い主の悪いところはどこだったかとか、好きな食べ物はなんだったとか、本当はあれも食べてみたかったとか、来羅ちゃんと、祢寧ちゃんと、茉夜ちゃんと一緒に話をしようね。

そんなことを茉夜ちゃんに話しています。
posted by 伶奈 at 02:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日常

2008年10月23日

経過:10/23

茉夜ちゃん昨日の茉夜ちゃんの様子です。
左右の眼の大きさを比較すると分かると思うけど、もう限界すれすれです。これからこの眼がどうなるのか、全く予測できません。

まだ飼い主が子供の頃に眼球が潰れた猫を拾ったことがあるけれど、どうなったか記憶が曖昧だったのですが、毎日ホウ酸で拭いていたら、干からびて眼球は中に埋まっていったそうです。犬や猫やフェレットくらいの大きさがあれば、外科的対処も考えられるそうだけど、茉夜ちゃんの体力を信じるしかありません。

01:00/クリニケア猫用4.0ml
02:45/クリニケア猫用4.8ml/ウンチ1個
05:50/クリニケア猫用3.7ml/シッシ、ウンチ1個
08:30/クリニケア猫用0.5ml/シッシ
09:00/クリニケア猫用1.0ml
11:30/クリニケア猫用4.0ml/シッシ、ウンチ1個
12:30/クリニケア猫用2.5ml/シッシ
14:50/クリニケア猫用0.6ml/シッシ
18:00/クリニケア猫用3.0ml
19:30/クリニケア猫用2.0ml/シッシ
20:00/クリニケア猫用2.5ml
21:00/クリニケア猫用0.5ml
≪クリニケア猫用合計:29.1ml≫≪ウンチ合計:3個≫
食べた量が昨日の半分です。当然、ウンチの量も半分になってます。

茉夜ちゃん茉夜ちゃんが、寝ている姿です。
足に力が入らないので、こんな感じで全部の足がのびている状態です。茉夜ちゃんを驚かせないように、いつも『茉夜ちゃん生きてる?』と声をかけてから、ちょんちょんと指でつついています。
時々、膝の上でしばらくなでなでされます。歯が伸びているのが気になるのか、飼い主の指をぎゅーっと噛みます。今まで、茉夜ちゃんに噛まれたことはないので、初めてのことです。歯が伸びているのに気がついてほしいのか、痛いといっているのか・・・。今日は、クリニケアを飲む量が少し少ないです。
posted by 伶奈 at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常