2009年09月22日

天国はすごく近いところにありました

今日は、すごく不思議な夢を見て、目が覚めました。

夢は、私が昔住んでいた家の庭で、私が誰かと一緒に立っているところから始まりました。
夢の中の私が、庭のある場所を指さして『ここにみんな眠っているから』と、その人に話をしたら、その人は『ここにみんなはいない。』と言うのです。私が言っている『みんな』というのは、飼っていたペット達のこと。代々亡くなったペット達は庭に埋めていて、家はもう売りに出しているから、たぶん気になっていてそう言ったと思うんだけど・・・

その人が、ぶつぶつと何か呟くと、手が届きそうなくらい近くの空から光が差して、私の両手いっぱいにペット達が降りてきたんです。抱えきれないくらいの数のはずだから、それは実体というよりも魂で誰だかわかるって感じかな。
そして最後に降りてきたのは、私が大好きだった茉夜ちゃんでした。
茉夜ちゃんは、亡くなってから一度も夢に出てきてくれなかったから、茉夜ちゃんに会えたのは嬉しかったのだけど・・・。その姿は1歳くらいの時のもので、右肩にちょこんと乗って、言葉で話しは出来ないんだけど、なんとなく心で言葉なく分かり合えるような感じ。

『みんなちゃんと天国にいたんだ。』って思って『こんなに近くに、それもこんなにも簡単な呪文でみんなに会うことが出来るんならば、いつでも会えるし寂しくないね。』と思った私は、もっとずっと一緒にいたかったはずなのに、『みんな(また天国に)お帰り』と言ってしまって、それを聞いたペット達は、再び光の梯子の中に昇っていったのです。

こんな簡単な言葉で、いつでも天国の扉を開くことが出来るのならば、・・・なんて思っていたのに、目が覚めたらその呪文は少しも覚えていませんでした。
posted by 伶奈 at 18:49 | Comment(3) | 日常
この記事へのコメント
話ってなに?
Posted by BlogPetの来羅 at 2009年09月26日 14:31
更新無いなぁ。
彩月ちゃんと茉莉ちゃんは元気?
Posted by よっしー at 2009年11月18日 23:17
元気だよ〜
今は、2匹とも実家(^^;
あっちで猫6匹&犬2匹で暮らしてるよ☆
Posted by 伶奈 at 2009年11月18日 23:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。