2008年10月24日

経過:10/24

茉夜ちゃん茉夜ちゃん、ちょっと寒かったのでガーゼをかけて飼い主の膝の上でうとうと寝ている様子。寝ている時、みててわかったのだけど、腫れている方の目は全く閉じていません。片方のみ閉じて寝ていました。茉夜ちゃんからすれば、腫れている眼は、もう見えていないので、閉じても閉じなくても暗い世界に変わりはないのだろうけど、ますます乾燥して眼圧があがっていくので本当に心配です。

02:20/クリニケア猫用1.5m
03:40/クリニケア猫用2.0ml/意識混濁
05:00/蜂蜜水少し/ウンチ1個

食事を受け付けなくなりました。意識もはっきりせず。
茉夜ちゃんのそばで、木の家からチョロンと出ている尻尾に触れながら、うとうと・・・呼吸が小さくてよく見ないと息をしているかどうかわかりません。茉夜ちゃんのお腹が上下しているのを確認しながら、茉夜ちゃん達が来る前にどんなに楽しみにしていたかとか、祢寧ちゃんと3人で楽しかったねとか思い出話など...。

8時頃、祢寧ちゃんがウッド型の木のお家から、ぴょこっと出てくる夢を見ました。あ、祢寧ちゃん・・・と思った瞬間、目が覚めました。茉夜ちゃんをお迎えに来たんだと思いました。茉夜ちゃんに、祢寧ちゃんが来てくれたね、と話をしました。

13:44/エアを消して、膝の上に抱っこしました。眼球は一度、潰れたようで出血のあとがありました。抱っこすると汚れた顔を奇麗にしようと、クシクシする動作をします。でも、もう手を上に持ち上げることができないので、目と鼻のまわりを止血剤で綺麗に拭いてあげました。手足は硬直気味で、ギュッと握りしめた状態です。時々、尻尾がパチンと跳ねます。体は、小刻みに震えていて、そっと触れていると、無数の小さな泡の上に手を置いてるような感じがします。

17:00/蜂蜜水少しなめました。まだ望みあり?/時々、歯ぎしりの音が聞こえていたので、もしかしたら不正咬合の歯を切れば食べれるようになるんじゃないか?と思い、ニッパーで切れるか調べたけど、あまりよくないとの記述があったので、近所の病院を確認。病院へ・・・と思って茉夜ちゃんの歯をみてみたら、全てがバラバラの長さでボロボロの状態。長すぎて歯がほっぺにあたっているとか、そんなんではありませんでした。

18:30/蜂蜜水少しなめた/エア再開

抗がん剤は今日は飲ませていません。食事を受け付けないので、止めました。止血剤(9時・21時)は、17時と18時半の蜂蜜水に混ぜて2滴だけ飲ませました。口の隙間に注射器の先端を入れて無理やりに含ませているので、どれだけ飲んでいるのかはわかりません。

眼の中は血と膿が溜まっている感じ。たまに瞬きをすると眼球は引っ込みますが、表面の凹凸がひどい状態なので、閉じるとき瞼が少しめくれあがる感があります。

もしかして眼の状態が落ち着いたら・・・回復してくれるのでは?とも思い、エアを再開しました。茉夜ちゃんは、これまで何度も死にかけて、3-4日食べない状態とかあったけど、そのたびに復活して元気になったから、今度もきっと大丈夫と茉夜ちゃんに言いながら・・・。だけど、茉夜ちゃんの体の臭いが変わってきたので、心の中でたぶんだめなだろうな・・・とも思います。

来羅ちゃんの頬の腫瘍も中に膿が溜まっていました。最後に頬がパカッととれて空洞ができたのを思い出します。すごくショックでした。来羅ちゃんの先生はあまり説明してくれる先生ではなかったので、意味が全くわからなかったけど、今の先生になって、ラットは膿が溜まったら、人間のように傷口から外に出るとかいうことがないので、中で溜まったまま固まった状態になるという話を聞いた時、納得しました。外科的手術をして取り出すしかないのだそうです。
茉夜ちゃんの眼も、もしそんな状態だとしたら、眼球が取れればあとは抗生剤とかで傷口が塞がっていくのではないかと思うのだけど、悪いところはそれだけではないから、体はもう限界なのかもしれません。

茉夜ちゃんにも、まだ頑張れると思うなら頑張って、もう駄目だと思うなら祢寧ちゃんと一緒にいっていいからね。と言いました。天国に行ったら、祢寧ちゃんとは喧嘩しないで仲良くね。
ちゃんと祢寧ちゃん、お迎えにきてくれたんだからね。と言いました。

飼い主が、天国にいくのはずっと先だと思うから、茉夜ちゃん達の時間の流れからすると、もう生まれ変わっているかもしれないけれど、その時は、幸せな人生を選んでね。地球はもう環境破壊が進んでいるから、地球でない他の星に生まれた方がいいかもしれないしれないからね。宇宙を見て選ぶんだよ。もし、お姉ちゃんが死ぬ時に、まだ茉夜ちゃんが天国にいたら、その時はお迎えに来てね。茉夜ちゃん達は、言葉が話せるようになっているはずだから、いろいろ話をしようね。飼い主の悪いところはどこだったかとか、好きな食べ物はなんだったとか、本当はあれも食べてみたかったとか、来羅ちゃんと、祢寧ちゃんと、茉夜ちゃんと一緒に話をしようね。

そんなことを茉夜ちゃんに話しています。
posted by 伶奈 at 02:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日常
この記事へのコメント
まやちゃんにとって
れなさんは光です。

いつも胸がいっぱいになります
いつも祈ってます。
Posted by miko at 2008年10月24日 12:12
茉夜ちゃん、苦しいかもしれないけど
伶奈さんが一緒だから大丈夫だよね。



Posted by pea at 2008年10月25日 00:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック