2008年10月19日

経過:10/19

20:30
全く足が立たず動けない茉夜ちゃん、点滴の効果もありません。
4時間を目安に強制的に起こして点眼と食事をしています。
今、止血剤を容器から直接口にあて2滴飲ませました。それと抗生剤を点眼しました。
眼は眼圧が上がって腫れています。、乾燥して真っ白な状態で、とても痛々しいです。

それから注射器から無理やりあげたら、リンゴジュース0.5ml、クリニケア猫用0.5mlを飲みました。あと肝油をひと舐め。口が開かない状態なので、強制的にでもあげないと限界かも。茉夜ちゃんは、歯を気にしていたけど、今日の診察では切る必要はまだないとのことだったので、きっとホッペに刺さるようになるくらいまでは、気になるけど気にしないでいいってことなんだと思います。

飲んだあと、1粒うんちをしました。どろっとしたもので腸の粘膜がかなり混ざっています。膝に抱っこしていた状態でしたので、うんちは決まったところでしないと・・・と、気にしているようです。歩けない状態だというのに、本当に健気です。せめてバナナペーストくらい食べてくれれば、うんちも少しは固まってくれるのだけど・・・。

21:30
木の家の中にいる茉夜ちゃん、自力で動けないので飼い主が中に入れたままの状態(お尻を入り口に向けたまんま)なのですが、自分で方向転換して入り口に顔を向けていました。そんな茉夜ちゃんにグルメゼリーを差し出したら、1/3程度、何度にも分けて少しずつ食べてくれました。少し気力が出たようです。
そんな茉夜ちゃんに、食べると飼い主が喜ぶということを分かってもらえるよう、食べている時は『おりこうさんねぇ』と褒めてあげます。そしてお話をしてあげます。

『祢寧ちゃんは美人さんで、茉夜ちゃんは頭が良くて、人間だったら、祢寧ちゃんはミスワールドで優勝して、茉夜ちゃんはノーベル物理学賞とれてたねぇ。美人の祢寧ちゃんと、賢い茉夜ちゃんと一緒に暮らせて、お姉ちゃんは、とっても幸せ者だねぇ。』と。ねずみさんとのコミュニケーションは話しかけたり、なでなでしたりですが、今の茉夜ちゃんは皮膚が過敏になっていて、さわるだけでもビクッとするので、お薬以外の時はなるべくさわらないようにしています。

22:15
シャワーをさっと浴びて戻ってきたら、茉夜ちゃんがモゾモゾしていたので、新しいグルメゼリー(緑)を開けてあげたら、少し齧りました。

0:00
茉夜ちゃんを起こして、止血剤と抗生剤を点眼。
木の家には、キッチンペーパーを何枚も重ねて敷いていますが、オシッコした痕跡あり。
あと出血痕が多数。新しいものに取り替えました。
0.5ml程リンゴジュースを飲んで、茹でたての卵の黄身をほんの少し、パスタと蕎麦も茹でてみましたがダメでした。病院から帰宅してから、ずーっとエアを木の家に送っています。木窓があるのでガムテープで塞いで、ガムテープに穴を開け、そこにチャージャーのストローを突っ込んでいます。入り口は開いているので、効果があるのかないのか・・・多少なりとも家の中の酸素濃度があがっていればいいのだけど。
posted by 伶奈 at 20:56 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日常
この記事へのコメント
はじめまして
私も1歳3ヶ月の♂ラットと暮らしてます

れなさんしっかりしてください
まやちゃんがんばって

Posted by miko at 2008年10月20日 12:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック